「…あー、眠い。」

「……。」



カリカリ、と。放課後の教室にシャーペンの芯が削れていく音がひたすら響く。


あ。開口一番、場の空気を壊すような発言をした奴のことは当然の如く、無視、である。

と。



「なあー。ねーむいー。」

「…寝れば?」


えーつまんない、と。非難の声をあげる男に私は怪訝な瞳を向け呆れ顔。

眠いと言われ、寝ればと返した私がどうしでコイツ分かってねえな゙みたいな顔されなきゃいけないんだ。



私の返しは普通ってか当たり前、当然なはず。

ああ…疲れる。



「なあ遠藤ー。」

無視だ、無視無視無視…。


「あれ、言葉のキャッチボールがないなあ?」

…む…、無視無視…。




「キスしよ。」

「っ、はあ…!?」


勢い良く顔を向けた男の口角は意地悪く上がっており、確信犯の目がギラついて。


「(こ、いつ…ッ!!!)」

「顔、真っ赤、だよ?」


この作品のキーワード
一週間  純文学  小悪魔系  お人好し  意地っ張り  甘えん坊  泣き虫  強気  しっかり者