「結城くん、明日何の日か知ってる?」


休日、和やかな空気が流れる部屋で唐突な質問が俺へと向けられる。

その声のする方を辿っていけば、ソファに座る俺へ爛々とした瞳で見つめる小さな後ろ姿。



「…さあ。知らない。」


そう答えた俺に返ってくるのは、しばしの沈黙とワンオクターブ声音が下がった「…そっか」という返事。



俺も無慈悲なもんだ。
本当は――、




「澪、こっち来て。」


キッチンへと向かっていたその後ろ姿を呼び止めると、振り返った彼女は小首を傾げ。


「え、珈琲…」

ぽつり、呟く。



そんなんいいからとぶっきらぼうに言えば、少し怪訝な瞳が返ってきた。当然である。

なんせ、珈琲を淹れて欲しいと頼んだのは俺なんだから。



半年前から夫婦となった澪は、肩までない髪を耳にかけ。チラッとターコイズの石が付いたピアスを覗かせる。


ソファに座る俺の前まで歩み寄ると、微笑を浮かべた。


この作品のキーワード
一週間  純文学  小悪魔系  お人好し  意地っ張り  甘えん坊  泣き虫  強気  しっかり者