ナンパした女と道を歩いていると、前方に見慣れた姿があった


やばいと思ったけど、この女に説明する訳にもいかないし、仕方なくそのままあいつの方まで歩いていった


すれ違うとき目が合った気がした


俺は咄嗟に逸らしてしまった


あいつはひどく冷めた目をしていた


初めて見たあいつの冷めた目


いつもは笑ってんのに



.

この作品のキーワード
失恋  後悔  短編  浮気