「勇気を出せ、か……」


それからしばらく、ぼくは窓の前に立ったまま、どうするべきかを考えた。


といっても、結論など最初からすでに出ている。


結論に、どう自分がたどりつくのか、それだけだ。


(そうだよ……)


美里は出ていった。


亜紀のことは忘れられない。


そして、今日は大切な命日――。

この作品のキーワード
野いちごGP  ミステリー  推理  年の差  大人  運命  恋愛    秘密  純愛