小ぎれいなアパートの前に車を停め、ぼくはクラクションを短く2度鳴らした。


――パパッ!


これがいつもの合図。


すぐに、


「はいはいはい、待って!」


2階のいちばん手前の部屋から、くぐもった声。


しばらくするとドアが開き、あわてた仕草で武田美里(たけだみさと)が飛び出してくるのが通例だ。

この作品のキーワード
野いちごGP  ミステリー  推理  年の差  大人  運命  恋愛    秘密  純愛