★★★★★
傷と罪の共鳴
付き合って二年ほどになる樹と美里。

ところが、突然美里の様子が変わってきた。
長い髪をばっさりと切り落としたり、好みの花が変わったり、コーヒーよりも紅茶を望むようになったり……。

何があったのか
どうしてこんなことを?

そして明かされるのは、樹の過去の傷と罪、そして美里の傷と罪。

優しいリズムで進む物語りに一気に完読してしまいました。

愛とは何なのか。
2人の出した答え、そこに辿り着くまでの葛藤や悩みや後悔。

愛があるからこそ勇気が出せたんじゃないかなと感じました。

傷と罪が共鳴して出会ったのかもしれない。けれど育んできた時間は運命ではなく、作り出した物。

是非一度ご一読ください。
いいよ
11/09/13 13:50

>>新着レビュー一覧へ