★★★★★
雨の日に
絶望の雨の日に出会った彼女。

それはまるで運命の悪戯の様に巡り会った。


物語の中盤からストーリーは静かに読者の心を魅了していきます。


そうしてまたラストに彼女と話をするのも雨の日です。

彼女と彼の2人の切ない儚げで淡い関係――必読です。


言葉では言い表せない感動が待っています。その感動を皆様もぜひ経験してみて下さい。
ほんわか
12/05/14 21:19

>>新着レビュー一覧へ