。●


濃密な甘いファーストキスのあと、私たちはデートを再開した。



カラオケでは歌わずに時間がきてしまい、その足で話題になってるCGアニメの映画を見に行った。



暗い中で奏に手をずうっと握られて、緊張で微動だにできず。



明らかに汗ばんでるから奏が不快に感じてないかな――。



手の置き具合が気になって角度を変えたいけど、下手に動かすと映画に集中してる奏の機嫌をそこねるかな――。



そんなことを延々考えていて、正直内容はまるで入ってこなかった。



映画のあとは、カフェで休憩。



ここでやっと、安堵しながらデートという気分を少しずつ味わい始めることができた。



しかし。



そんな高まってきた気分でカフェを出ると、なんと雨。



雨宿りに建物に駆けこんだときには、すでにずぶ濡れ。



仕方がないからと、初デートは空気を読めない雨のせいで、あっさり切り上げになってしまった。

この作品のキーワード
恋愛交換  俺様  初恋  不器用  ツンデレ  純愛  ミステリー    浮気  キス