。●


7月初旬の放課後。



「もぉ……。あんなにのろけなくても」



私は、イライラというより、うんざりに近い気持ちを抱えながら、帰り道を歩いていた。



理由は、いちばんの友達である、美智――ミッチ――にあった。



彼女には最近、ひとつ年上の恋人ができたのだけれど。



その彼氏と早くも「初キス」を経験したらしく、



『ねーねー!マドカ、あのねあのね――』



という感じで、朝からハイテンションで滝のように喋り始めて。



放課後までずうっと、消し忘れたウォークマンみたいに延々リピートだったのだ。

この作品のキーワード
恋愛交換  俺様  初恋  不器用  ツンデレ  純愛  ミステリー  イケメン  浮気  キス