公康君、公康君は私の事なんてどうも思っていないでしょう。


だけど私は大好きなんです。


―――――――――――


文章力、ないです(>_<)
まだまだですが暖かく見ていただけたら幸いです

この作品のキーワード
冷たい  短編  切ない  記念日  浮気  一途    不器用