「私はアリーと申します。先程国王から伝えられた通りこれから羽衣様の身の回りのお世話などさせて頂きます。何でも遠慮なくおっしゃって下さいませ。」


羽衣よりいくらか年上に見える彼女はとても美しい人だ。


そんな美しい女性は羽衣に深々と頭を下げた。


国王の前にいる時は何が何だかわからなかったが


徐々に冷静さをとり戻しつつある今羽衣の頭は酷く混乱していた。


罪人として処刑されるはずだった身。


死を覚悟していた。


それなのに国王は羽衣に部屋を与えメイドまであてがってくれた。


確かめるすべもない羽衣の話を信じたということだろうか。


だとして自分はこれからどう、いつまでここで………


羽衣は焦燥と不安に押しつぶされそうだった。











この作品のキーワード
異世界  王子様  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。