エリート銀行マンとの婚約は破綻

両親からは勘当寸前

会社は寿退社済み


つまり職ナシ、彼ナシ




…生きる価値ナシ?




もう恋なんてしない


そんなメイが酔った勢いで一夜を共にしたのは高校の同級生



「もっと自分を可愛がってやれば?」



どうして私に関わろうとするの?






*2011.12.07 完結*


オトナ女子が本当に読みたい小説大賞ジャンル賞受賞しました

ありがとうございました

好評発売中

あらすじを見る
26歳、幸せ絶頂だったはずの芽生は、婚約は破綻、職場は寿退社と、一気にすべてを失ってしまう。そしてヤケ酒を飲みすぎた翌朝、気がつくと隣には高校の同級生の水嶋が寝ていた。このままセフレになるつもりはなく、連絡を絶ったのに再就職の派遣先の広告代理店には、なぜか水嶋の姿が。構ってほしくないのに、冷たくされると胸が痛む。この気持ちをなんて言うか芽生は知っていた…。
この作品のキーワード
オフィスラブ  オトナ女子  イケメン  キス  社内恋愛  再会  強引  同僚  大人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。