「失礼します…」



私は尾上先生に言われた通りに生徒指導室に入った。



二人だけの密室。



「・・・ドタキャンしてもよかったのに…何故来た?何かを期待してるのか?」



「ハァ!?それは先生の方でしょ?」


昼間なのに何でこの部屋だけ暗いのかと思ったら…
カーテンが閉め切られている。



たくっ~
下心見え見え・・・



この作品のキーワード
教師×生徒  俺様  許婚  秘密  過去  甘々  溺愛  束縛  元カレ  高校生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。