______________
〇飯田 拓斗
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今から帰る
______________





拓斗さんからそんなメールが届き、携帯を持ったままキッチンへと向かった。


拓斗さんと赤外線した日以来毎日こういうメールを送ってくれる。





「焼き方は…」





携帯片手に冷蔵庫から魚を取り出す。


料理が得意でもなく手順がとても不安な私にとって、この携帯から見るレシピは料理をする時に必ず必要なもの。





「いい感じかも…」





魚を焼くのは簡単じゃない。


皮がつき形が崩れてしまったり火を通し過ぎて焦げてしまったり、綺麗こんがり焼くになんて難しく想像上に焼き魚を作るのは大変だという事も最近知ったばかり。



この作品のキーワード
結婚  社長  夫婦  旦那    初恋  年の差  無愛想 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。