救急車に消防車、パトカーと、あらゆる緊急車両が集まっていた。

「痛い!痛いよぉ!」

「まだ友達が中にいるんだよ!」

「おい!3組の生徒は無事か!?」

「みんな落ち着きなさい!」

「先にこの子を運べ!ここじゃ処置が間に合わない!」

様々な叫び声、悲鳴、泣き声、土製が当たりに飛び交う。

一向に現実味を帯びてこない、この目の前の光景を、私はじっと、結斗の腕を掴んだまま見つめていた。


この作品のキーワード
運試し  友達  裏切り  ラッキー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。