あの日
天才は死んだはず
だった………


……でも
俺の目の前に
現れたのは

彼女(天才)と
瓜二つの女



そして
彼女の首には...

俺がプレゼントした

名前入りの
ネックレスが
光輝いていた……。



この物語は
天才
白野百合亜と

のちに天才となる
日比野卓也の

長く永遠の
恋の物語である....。


_______
__________


この話は
フィクションです。

病名やその症状
団体名や
名前は存在しない
“可能性”があります

万が一あったとしても
“偶然”
ですのでご了承を....。

そして
芸能界という世界は
私の勝手な想像で書いております。



※手直しと同時進行で
話を進めています。


この作品のキーワード
演技  天才  女優  俳優  記憶喪失  ネックレス  セリフ  名前  偽りの愛  同一人物