「じゃ、優海!今度飲みに行こうな」




その笑顔で、その声で、頭をなでるのはやめてください。





ドキドキして、倒れちゃいます・・・・・・






「何、照れてんの?相手、俺だよ?」




だから、照れるんだよぉ。




「ま、彼氏もいねーから呼び捨てされんの緊張すんだろうな。ははははは」




そんなに笑わなくても・・・・・・




「照れてないもん」




「照れてるくせに」



「照れてません!!」



「素直じゃねーな。照れてるんだろ?」






そんなやり取りを繰り返した後、私は仕事に戻る。





「あ、優海!また、何かあれば俺に言えよ。いつまでも俺に頼っていいんだからな」





泣いちゃうくらい嬉しい言葉をくれた。




“いつまでも頼っていい”なんて。




信じちゃうよ?



いつまでも頼っちゃうよ。



いいの?

片桐さん。







片桐さんは新聞片手にコーヒーを飲んでいた。





少し細めた目。




緩めたネクタイ。




咳払い。



全部好き。







優海・・・・・・



呼んでくれた。




好きな人に名前を呼び捨てにされるってこんなにも幸せなんだぁ。