満開だった桜は儚く散り、緑の葉が枝を隠す季節。



セミの声が、絶え間なく聞こえていた。



今年は厳しい夏になるだろう。



誰かがそんなことを言っていた。



それでも木陰に入ると、気持ちのいい風が髪をなでる。



だけど隣にいる一平さんは、眉間にシワを寄せ、いつも以上に不機嫌そうに歩いている。



首筋には、汗が流れていた。



それが少しだけ、私の胸の鼓動を速くさせた。



「今日も暑いですね。」



私は目をほそめ、木々の間から見える太陽を見上げた。



「そうだな。」



一平さんは、セミの声に鬱陶しそうな顔をしていた。



お兄ちゃんの荷物を片付け始めてから、時は流れた。



私が週に一度のペースで大学に通うようになってから、二ヶ月がたとうとしていた。



一平さんはあれ以来、ずっと私を手伝って、家まで荷物を一緒に運んでくれている。



今日もまた、お兄ちゃんの荷物を家まで運んでもらっていた。



ありがたい気持ちと、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。