大好きな夫が死んだ。

優しい彼らしく、子どもを助け車にひかれて・・・。


何をするにも一緒だった私たち。


あの日から私の時計は止まったまま・・・・


私の世界は色をなくした・・・。


君を忘れていくことはまるで罪のように・・・私を縛り付けた。




そんな時・・・夫の親友から言われた一言と死んだ夫によく似た男性から言われた一言・・・。


二人の気持ちに心は揺れるが・・・。


また大切な人を失ったらと思うと前に進めない。


色をなくした世界は暗く寂しくて・・・


けれど誰かを愛する事は怖くて・・




本当に愛する人を亡くした時、もう一度誰かを愛する勇気を・・・あなたは持てますか?

この作品のキーワード
切ない    泣ける  勇気