そう言ったのは蛍だった



「そうでしたならごゆっくりどうぞ」



と使用人は行ってしまった



――― …


「蛍…久しぶりだね」



彼は昔付き合ってた元カレなんだ



「雛子は岩倉に会いに来たのか?」



岩倉さんは蛍の秘書で私の恋人だったりする



「そうなんだけど」



東条家の屋敷広いから迷ってましたなんて言えないよ



「岩倉なら今はいないよ」

この作品のキーワード
年の差  純愛  ラブコメ  秘書  元カレ  家族  恋人  恋愛  裏切り  真実