照りつける太陽の熱い季節。


あたしは心と体の夏休みを取った。


残暑の厳しい9月、緒方脳外科へ初出勤。


「仁科 初音です。よろしくお願いします」


ここの病院では、受付を担当。


ハルくんがあたしのために用意してくれた新しい病院は、ハルくんのおじいちゃんの病院。


気さくで優しい人達、あたしが見失いかけていた温かさを感じられる職場。


「保険証の確認をさせてください」


「お大事にどうぞ」


取り戻した笑顔で、あたしは伸び伸びと仕事ができる。

この作品のキーワード
  憎悪  もらう愛  捧げる愛  DV  ハンバーグ  病院  狂愛  実話