******


ブルルブルルッ!


夕方、調度仕事が終わって控え室でコーヒーを飲んでいる時携帯電話のマナーが響く


蓮也かな


私は瞬時に携帯を開き電話に出た




「は、はい」


『俺だ。今何処にいる?』


「えっと、職場なんだけど…」


『仕事中か?』


「ううん、終わった所だよ」


『そうか。駐車場5―Aで待ってる。帰りに寄ってくれ』


「う、うん、わかった」




もしかして…わざわざ来てくれたの…?


蓮也…すぐそこにいるの?



この作品のキーワード
肉食系  秘密  契約  片想い  甘々  切ない  俺様  独占欲  嫉妬  ワイルド 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。