―――――――――



「………ッん~……」


ゆっくりと目を開けると視界には見覚えのない
天井があった―――――


……ココどこ…?


私が周りを見渡していると…






「やっと目が覚めたよう だな……」





全身が冷めるような威圧感がある低い声が聞こえ、その方を見てみれば――――






そこにドアの所にもたれかかっている男がいた


その男は綺麗な金髪に

何を思っているか全くわからないグレーの瞳をしていた


私を見ているけれど何も見ていない……

そんな感じがした




「聞いているのか?」


「ッ!ぇえ……」


――ビックリした

さっきまでドアの所に
いたのに


いつの間にか私の目の前 にいたんだから



「あの…ここはどこ……ですか………」


「ここは魔界の国…

つまり私の国、私の城の中だ…」


「魔界…」





―やっぱり…

私は死んでいなかったんだ





こんな知らない世界で
どう生きればいいんだろう……






―怖いよ








この作品のキーワード
魔界  トリップ  異世界  俺様  イケメン