いつも以上に粧し込まれ ドレスも普段より露出が多かった




シェリーはなぜかルイスを呼んでくると張り切り忙しく部屋を出た…



――??

おかしくなっちゃてる…









―――……

私はテーブルの上に置かれた一冊の本に目をやった…



題名のない古びた本は
昨日、咄嗟に図書室から 借りてしまったが

結局本の内容を確認出来ていない物だった



私は恐る恐る、本を開け た…………






最初は昨日みた読めない文字がズラリと並んだ物だったがページをめくっていき、私は目を疑うような絵を見つけた…







そこに描かれていたのは ―ルイスによく似た人物と………………







『 私 』がいた―――






―ガチャ

「春奈様っ!
ルイス様を連れて来まし…たよ?」


「どうした?
本なんか眺めて…」



ルイスはそう言いながら 私に近づき、本を覗いて来た――――


そしてルイスも固まった


「ねぇどうして??
どうして私がいるの…」



「…………」


「春奈様…?」



シェリーもやってきて、本の中にいる


ルイスに似た人物と私が寄り添っている絵を見た


シェリーもルイス同様、 黙り込んでしまった



「…………」



「これって私…じゃないよね


ただのそっくりさんだよね、


…答えてよ」







この作品のキーワード
魔界  トリップ  異世界  俺様  イケメン