―翌日、

あまり眠れなくて
スッキリしない朝だった



私はシェリーに服を選んでもらい朝食をすませた後、ルイスの書斎に向かった…






――――――


緊張で震える手でドアを ノックをした



「…入れ」


ルイスが声をかけてくれたが入れないでた



すると…


―ガチャ

「ちょっと来い…」


いきなり現れたと思ったらルイスは私の手を引いていた








連れて来られた所は城の庭だった…


「…そこに座れ」


「うん…」




ルイスと私は微妙な距離を開けてベンチに座っていた…



「あの…

ごめんなさい…」

「…………」


「私、何も知らないくせにあんな偉そうな事を言って」



「…じゃあ、お前のあの意見は取り消すか?」


「いいえ…

やっぱり奴隷なんて
駄目だと思うの…」


「亜人が可哀想だからか?」


「私は可哀想だなんて
言える者じゃないわ…

ただ…」


「ただ…?」








この作品のキーワード
魔界  トリップ  異世界  俺様  イケメン