【AM 1:45】

 深夜の1時45分に鳴り響いた家の電話を、野上佐千子は、てっきりコンビニの店員からだと思い込んだ。
 つい先ほど、週末に結婚式のために借りたドレスを返却するのに、宅急便を頼んだばかりだった。
 この頃よく眠れずに、午前0時を回ってから、買い物に行く。コンビニまでは3分とかからないが、スウェットにカーディガンを羽織った程度の格好で、ひとりで出歩いてしまう。

この作品のキーワード
  青春    遠泳  同窓会  恋愛    岩井海岸  水泳  プール 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。