side:Jun Kusakabe



「おねいちゃん、ねちゃったね」

名前も知らない彼女は泣き疲れたのだろう。ぼくの胸にもたれかかり、眠ってしまった。


祈(イノリ)は、静かな寝息をたてて眠っている彼女を起こさないよう気遣い、小さな声でそう言った。


「そうだね」

ぼくも小さな声で祈に返事をすると、自分の腕の中にいる彼女をあらためて見下ろした。



熱が下がったおかげで顔にはずいぶん赤みが戻っているものの、それでもまだ顔色は悪い。

赤く腫(ハ)れぼったい瞼(マブタ)はさっきまで泣いていたからだ。

ややつり上がり気味の目尻から頬に向けて涙が何筋も伝っていた。



『ごめんなさい』


『ごめんなさい』



そう言って何度も謝る彼女は、いったいどんな悲しみを背負っているのだろうか。


そんな彼女が今、ぼくの腕の中で眠っていることがごく自然に思えるから不思議だ。

こんなおかしな感覚はぼくにとってはじめてで、正直どうしたらいいのかわからない。


彼女とぼくは何の接点も持たない赤の他人のはずなのに、なぜか血の繋がりよりも濃い何かを感じる。


……ほんとうに。

「ぼくはどうしたらいいんだ」


「パパ……。おねいちゃんをねかせなきゃ!!」

戸惑いにも似た感情を抱いていると、祈が、『ぼくがどうすればいいのか』を教えてくれた。


さすがは祈。
とてもいいアドバイスだ。


この作品のキーワード
天使  子供  ほんわか  プロポーズ  バツイチ  感動  やさしい  結婚  赤ちゃん  甘い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。