場所は変わって再び中庭。

二人は自室に戻るために庭を横切っていた。

「私達、いつ帰られるんだろうね?」

羽兎は気を落としたようにため息をついた。

「さあな。でも早く帰りたいことは確かだ」

紘哉もそれに同意する。
ここは全く落ち着けない。
何故だか分からないが、嫌な感じが彼の周りを渦巻いていた。

自分の中のタイムリミットはあと2日。
それ以内に事件を解決しないと、もう一つ事件が起きてしまう気がした。

この作品のキーワード
探偵  推理  殺人  怪盗  コメディ  ネーミング  野いちごGP 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。