教室に戻る直前、和香ちゃんと廊下ですれ違った。


「亜美ちゃん、遅かったね」


「うん。ちょっと……先生と、話しこんじゃって」


九条くんといたとか、言えないし。


「ふーん、そうなんだ?」


「あのね、和香ちゃん。あたしの眼鏡、返して欲しいんだけど……」


「まだ言ってる!亜美ちゃん、眼鏡しない方がいいってば。時間なくなるから、トイレ行ってくるね」


そう言い残して、和香ちゃんは行ってしまった。




この作品のキーワード
思い出  片思い  高校生  秘密  胸キュン  ヤンキー  不器用  地味子  青春  再会