「亜美ちゃん、どこ座る?」


音楽室に到着すると、和香ちゃんがあたしに話しかけてきた。


九条くんのこと考えてたら、ボーッとしてたよ。


音楽の授業は、机がないんだ。


先生が立つ音楽室の前に向かって、椅子が半円状に並んでいる。


生徒がまだあまり揃ってないから、座りたい場所に座れる。


あたしたちのグループは、左の一番端から座ることにした。


ガラッ!






この作品のキーワード
思い出  片思い  高校生  秘密  胸キュン  ヤンキー  不器用  地味子  青春  再会