身体から入る恋、とか。
大人だったらアリなのかなとも思うけど、私には無理だと思ってた。

なのに。


「早川……、目を開けて俺を見て」
「……っ、」


きつく結んだ唇を、沖田さんの舌がゆっくりとなぞる。

ぞくぞくとした感覚が背中を走って身体をすくませると、僅かな隙間を縫って沖田さんの舌が入り込んできた。

ゆっくり、じょじょに深まっていくキス。
とっくに横になっているのに、腰が抜けたような感覚に陥る。


……意外。
沖田さんって、こんなに丁寧なキスするんだ。

前、一度だけしたキスは無理やりで、イヤだとしか思えなかった。
でも今は……、なんか、気持ちいい。


アルコールのせいなのかな……。

なんて、ぼんやりとした頭で考えていると、いつの間にか服の中に入り込んでいた沖田さんの手が、下着の上から胸の膨らみに触れた。



この作品のキーワード
オフィス  同期  社長  甘い  三角関係  恋人  草食  キス  政略結婚  上司