「寺島は、ここ最近、自宅には帰ってないらしい。」


ここで、大橋は腕組みをした。


「なんとか、引っ張れないかな?」


修平と大橋が、考えていると、外から悲鳴が聞こえた。


2人は、顔を見合わせると、悲鳴が聞こえた方角へ走った。

この作品のキーワード
刑事  医者  結婚  束縛  多忙  仕事