それから数日後――


仕事を終え、帰り支度をしていると、私の携帯が鳴った。


忘れもしない、あの人を示す着信音。


いまだに電話識別機能を変更していなかったから、だいぶ前の流行り曲が流れ出しヒヤリとした。


でも、それ以上に心が震えた。


携帯のメモリを削除することのできなかったこの半年――


もしかしたら、連絡があるかもしれない……という一縷の望みから。


受話器を持つ手が、微かに震える。




この作品のキーワード
兄弟    切ない  別れ  葛藤  事故  司法試験  弁護士  大人の恋愛  三角関係 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。