「雨かぁ……。予報じゃ、雨が降るなんて言ってなかったのにな」


隣で呟くように話す郁人の言葉を、ぼんやりと聞いていた。 


二人共、傘を持ち合わせていなかったからこのまま駅まで歩くしかない。  


「途中で傘が売っていたら買おうな」


と、郁人は言うけれど…… 

私にとったら、傘なんてどうでもよかった。 


持って行き場のない、この喪失感。


――あの日の光景がフラッシュバックして、私を襲ってきた。 




この作品のキーワード
兄弟    切ない  別れ  葛藤  事故  司法試験  弁護士  大人の恋愛  三角関係 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。