瞼を開けると見知らぬ天井

隣には泣いている見知らぬ男

鏡に映る見知らぬ顔


分かることは一つだけ――今、生きているということ。


恋を心で感じるのなら、愛を心で育むのなら、私はまた貴方を好きになるんだろうか――








クリスマスの夜に悲劇は起きた。

燃え盛る炎の中意識は途絶え、そして私は家族と記憶を失った――――



**********

ちュ-りっぷ様☆明智 小衣様
田山 麻雪深様

素敵なコメントありがとうございます★

**********

**********

田山 麻雪深様

素敵なレビューありがとうございます(^ ^)

**********



この作品のキーワード
記憶    家族        恋愛  秘書  オフィス 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。