「寂しい」



特に雨が降る夜は


あの日のことを


思い出すから。






雨の日に出会った少年



シオン



「俺も、寂しい」



雨は

彼の泪。

そして

私の泪。



寂しさを紛らわすため

雨が降るたびに



私と彼は



躰を重ねる。




私は彼が

好きなのか。



彼は私を

好きなのか。



*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·

素敵なレビュー感謝です。


Hotaru*さん
aNさん



*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·


☆2012.6.19☆

Berry's Cafe
オススメ作品として掲載されました。

ありがとうございます。


*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·*:.。..。.:+·゚·




大切なものは、何ですか?

【寂しい夜は、あなたに逢いたい。】

この作品のキーワード
オトナ女子  別れ  失恋  恋愛    切ない  大人  年下  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。