その日のバイトは散々だった。



釣り銭は間違うわ、商品を入れ忘れるわ、お弁当はひっくり返すわで、叱られっぱなしだった。



ずっと冷たい態度で接していた西村君すら、「具合でも悪いの?」と心配して声をかけてくれた。


竹内ミキの薬指にはめられた指輪の輝きが頭から離れなかった。



それを選んだとき、隆也はどんな顔をしていたのだろう?



どんなシチュエーションでプレゼントしたのだろう?

この作品のキーワード
片思い  失恋  切ない  元カレ  大人  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。