デジタル時計が、夕方の5時を表示した。


そのことを確認すると、隆也は、狭いラブホテルに置かれた、大きなベッドからゆっくりと身を起こす。


幸福だった時間が、砂を掴んだようにサラサラと指の隙間からこぼれ落ちていく。


「もう、こんな時間か…」


あたしと隆也は、お昼にここへ来て、それから、たっぷり五時間は入り浸っている。


続けざまに二度セックスをして、一緒にお風呂に入り、そのあと、またセックスした。


それから、筋肉痛な彼の太い腕の中で眠った。



「そろそろ、行くか?」


隆也は、爽やかな笑顔をこちらに向けた。


「そうね」



【恋人】だった時間は、終わりを告げた。

この作品のキーワード
片思い  失恋  切ない  元カレ  大人  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。