隆也の予言通り、その日は快晴だった。


6年ぶりのデートは、想像を遥かに越えて楽しかった。


空はからりと晴れ上がり、寒すぎない程度の秋風が吹き、空気がとても爽やかだ。


くねくねと曲がった山道をドライブしていると、タヌキやリスの小動物と遭遇して、あたしは、子供みたいにはしゃいだ。

車の中でも、外でも、隆也はずっとあたしの手を握ってくれて、これは夢ではないかと、彼に気づかれないように何度も太ももの辺りをつねった。


でも、夢じゃなかった。

目の前で、隆也はあたしの作ったサンドイッチを「うまい、うまい」と食べている。



あたしは、胸がいっぱいで、コーヒーをほんの少し飲んだだけだった。

この作品のキーワード
片思い  失恋  切ない  元カレ  大人  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。