あたしを家の前で降ろすと、隆也は帰っていった。


彼の頭の中は、もう熱に苦しむ恋人の存在に支配されている。


あたしは、隆也の車が見えなくなるまで、見送った。


彼は…振り返りさえしなかった。



家に入ると、母が玄関で出迎えた。


「ご飯は?」


「食べてきた」


ぶっきらぼうに答え、部屋に行こうとしたあたしの腕を母がつかんだ。


「あなた、何人の男と付き合ってるの?」


リビングのドアに目を配らせながら、母は声を潜めた。

この作品のキーワード
片思い  失恋  切ない  元カレ  大人  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。