引力の様に、
引きつけられる様な感覚を
人は運命と呼ぶのだろうか。

あれは偶然だったのか
運命と呼ぶに相応しいのか、
未だにわからないままで。

この作品のキーワード
  キャバクラ  幼い  恋愛