太陽は上がっているが、やはり相変わらず外気の冷たさにはついて行けない。寒すぎる。


お昼時を過ぎ客足も減った喫茶店でコーヒー一杯をのむのに、一体何時間かかっているのか。さっきから私に向けられる店員の視線が痛い。



と。


「あれ、菫ちゃん?」


そんな明るく跳ねた声が背後から聞こえ、ゆったりとした動作で振り返った。



そこにいたのはレディース物のパンツスーツに身を包み、やっぱりそうだと微笑む姿。

でも、…あれ…?




「…………明日香さん?」


疑問系になってしまったのは、前回会ったときと雰囲気ががらりと変わっていたから。その雰囲気を変えたものとは



「…髪、切ったんですね。」

「うん。鬱陶しかったからねー。」

「……寒そう…。」



私の問いかけにあははと笑う明日香さんの長かった黒髪は、ブラウンに染められ肩にかからない長さのショートヘアになっていた。





この作品のキーワード
恋愛  純文学  社長  女子大生  切ない  大人  煙草 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。