―――ピンポーン


うとうとと、睡魔に誘われていた意識は。閑静な室内に響くチャイムの音によって現実へ。



「…は?」


まだぼんやりとする意識の中で時計を見れば、時刻ばAM 01:48゙

充分、深夜である。




ソファーで寝ていたのを起こしてくれたはいいが、こんな夜中にいったい誰だ。常識を考えろ。


なんて、思いながらも頭の隅ではその来客が誰かなんて。予想は出来ている。





ガチャリ、開けたドアの向こうにいた黒色のマフラーに鼻から下を埋める姿は。何だかマヌケだ。



「時間、考えて下さい。」

「メールも返さないわ、電話にも出ないお前が悪い。」

「横暴。」

「ほざけ。」



そう言って、薄く笑った姿はやはり変わることなく妖艶だった。

不可抗力で部屋に上げざるを得ない三浦さんは、寒いを連呼している。





この作品のキーワード
恋愛  純文学  社長  女子大生  切ない  大人  煙草 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。