―――――――――…

―――――――…



「じゃあな。」

「…さよなら。」


そんな他人行儀な挨拶を交わし、三浦さんは明るくなった外の世界へ姿を消した。

バタン、と。私と三浦さんの関係さえも遮断するように思い音でドアが閉まる。嘲笑われているみたいで気分が悪い。


三浦さんが帰った後の一人の空間は、嫌いだ。



昨日は、やはり何をするでもなく私の部屋で過ごした。時々鳴る三浦さんの携帯に意識を尖らせながらも、無表情で視線はTVへ。

昨日の内でコーヒーを何杯飲んだかも分からない。私の横へ腰掛け同じように無表情でTVを見る三浦さんだって缶ビールと酎ハイを何本取りに行ったかも分からない。


暇、なのに。どう見ても暇そうだったのに。





この作品のキーワード
恋愛  純文学  社長  女子大生  切ない  大人  煙草 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。