僕と元旦那の関係は、2011年12月末にキッパリと切れた

「12月で縁を切る」…この話を持ち出したのは、どっちだっただろうか

たしか、元旦那から言い出したような気がする

何が原因…キッカケだったかは思い出せないけれど

縁を切るなら、元旦那の荷物を持って行ってもらわないと困る

あっても使うこともない

捨てるしかない…

なので、荷物取りに来てもらうが、基本洗濯物しか持って帰らない…

(洗濯機が買えない【お金無いから】ので、僕が洗濯していたんです
お人好しかもしれないけど…友達に呆れられた)

次は…次は…そんな事を行って、12月も中旬まできていた

車で運ぶ…そう言ったくせに、雨が降ってるから今度にする…とか

午前から行って運ぶ…とか言ったのに、昼僕がメールしてしばらくして

「寝とった」とか…やる気あんのかよ…

そんなことをしている期間に

元旦那が僕に言ってきた

「12月で縁を切るかはお前が決めろ」…と

言いだしたのはたしか、元旦那…

僕は、面倒な決断はまた僕か…と思って、そっちが決めたらと言った

そしたら「俺が決めるのはオカシイ」と言う

僕を傷つけたのに、自分が決めるのはオカシイ…と言うのだ

なので、僕は考えてから、「縁を切る」と言った

この時、僕の考えていたことは

今は僕と友達として交流していて平気かもしれないが

いずれ辛くなるんじゃないだろうか…という事だった

現在の僕からすると、理由はどうあれ縁を切ったのは正解だと思える

縁を切っていなければ、僕はきっとまた振り回されていただろうから

この作品のキーワード
離婚  実話  浮気  迷惑  おせっかい  シリアス 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。