自由と死は、隣合わせである。



この作品のキーワード
グロテスク  動物虐待的