そして炯斗はコーヒーのチェーン店にやってきた。

アメリカが本社のどこぞのスタバと同じ規模の展開レベル。

駅から近い為によく使う、このコーヒーショップ。
名をハミッシュと言う。

炯斗は自動ドアをくぐり、店内に入る。


さっきあんなの食ったからなぁ…甘くないのがいいかな

炯斗はレジの奥に表示されているメニューを見る。

あむぁーい

そんな文字が視界の隅に入った。

この作品のキーワード
推理  幽霊  三角関係  ミステリー  殺人事件  コラボ  過去  シリーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。