翌日
炯斗は昨日と同じ時間に同じ場所にやってきた。

ターゲットになったあの子、屋代言乃(やしろことの)を待つ。


昨夜、そういえばと思って宇佐目に頼まれた時のメールをよく見ると、彼女の名前と簡単なプロフィールが載っていたため知り得た。

本来ならばナンパをする前に見ておくべきなのだが、乗り気でなかった炯斗は見もしなかったのだ。


それならもう少しやりようがあったのに、と後悔したが後の祭り。

ポジティブに考え今日ここまで赴いた。

この作品のキーワード
推理  幽霊  三角関係  ミステリー  殺人事件  コラボ  過去  シリーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。