そうこうしてる間、女の子はバッグから携帯を取り出す。

あ、脈ねぇな

自分に興味がないと判断し、彼女から踵を返しかける。

と、男の裾を彼女が掴み、携帯の画面を男の目に見せた。

携帯にはメール入力画面。そこに一言こう書かれていた。

【あの、あなたが宇佐目直泰(ウザメナオヤ)さんですか?】

男は目を白黒させ、女の子の顔と携帯を交互に見る。


この作品のキーワード
推理  幽霊  三角関係  ミステリー  殺人事件  コラボ  過去  シリーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。