数日後・舘見家前

大学の最寄り駅から下り線で30分程度。
そこから徒歩数分の住宅街に問題の家はあった。

「ほぇー、でかい家」

インターホンを押しながら炯斗が呟く。

大豪邸とはいかないが、下町庶民の炯斗からすれば十分な広さ。
しかし言乃は、違うところに目がいく。

「インターホン…そんな敵がいるとは……!」

ニヤリと笑って中の応対に答える炯斗。

「な?来てよかったろ?」

ぐっと詰まる言乃。
言い返そうと思ったところに恵が出てきて二人を迎えた。

この作品のキーワード
推理  幽霊  三角関係  ミステリー  殺人事件  コラボ  過去  シリーズ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。